TOEIC700点に必要な単語数とオススメの単語帳を徹底解説!

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

TOEIC700点

TOEIC700点を取りたい人「TOEIC700点を取るのにどのくらいの単語数が必要なのかなぁ。オススメの単語帳も知りたいなぁ。」

今回はこう言った疑問に答えていこうと思います!

TOEIC700点を取るのに必要な単語数は意外と少ないです!


この記事でわかること

1. TOEIC700点に求められる単語数

2. TOEIC700点を超えるためにオススメの単語帳

3. TOEIC700点を超えるために単語より重要なこと


✔︎ この記事の信頼性
独学でTOEIC400点台から900点台まで最終的に上げることができました!

スポンサーリンク

TOEIC700点に求められる単語数・単語レベル

まずはTOEIC700点に必要な単語数がどのくらいなのを見ていきましょう!

必要な単語数TOEIC英検レベル大学受験レベル
4,000〜4,500語600点準2級〜2級共通テストレベル
5,000〜6,000語700点2級〜準1級MARCHレベル
6,000〜8,000語800点英検準1級早慶, 難関国立大学

一般的に言われているのがTOEIC700点レベルに必要な単語数は大体5000語~6000語と言われています!

また、他のテストと比べてみると大学受験だとMARCHレベル、英検だと2級から準1級と同じレベルの単語レベルが必要ということになります!

ただし、これはTOEIC700点に必要な単語数であってMARCHだからと言ってTOEICで700点台が取れるということではありません!

英検にも同じことが言えますね!


ここで勘のいい方は気づいたかもしれないんですけど、TOEIC700点に必要な単語とMARCHレベルに必要な単語数が必要ということは、

言い換えるとTOEIC700点に必要な単語は大学受験レベルの単語帳でカバーできるということになります!

私も大学受験時代に使っていたターゲット1900を見直したら400点台から700点台まで上げることができました!


大学受験レベルのオススメの単語帳
スポンサーリンク

TOEICに特化した単語の対策は必要ない?

次にそもそも『TOEICに特化した単語対策は必要ない』んじゃないかということについて紹介していきます!

なぜTOEICに単語対策は必要ないのか?

TOEICに単語対策が必要ない理由

1. TOEICは単語が難しいテストではない

2. TOEIC特有の単語は問題演習を通して覚えられる

この2点が挙げられます!

まず、そもそもTOEICは単語が難しいテストではないです。

なぜならTOEICに出てくる単語の9割上は大学受験レベルの単語で構成されています!

さらに、TOEICはビジネス分野からの出題に限られいてるためTOEIC頻出・特有の単語の種類・数も少ないです!

大学受験や英検だと哲学や環境問題から日常会話まで幅広く出題されますよね。


大学受験までの単語がTOEICに出てくる単語のほとんどを占めているのに加えて、

大学受験には出てこないがTOEICに頻出の単語が少ないので、

TOEIC頻出の単語は問題演習を何回もやっていれば自然と覚えることができます!

800点台後半ぐらいまでは大学受験レベルの単語帳1冊で十分だと考えています!


単語対策より重要なこと

次にTOEICで点数を上げるために単語対策より重要なことを紹介していきます!

単語対策より重要なこと

1. リーディング・リスニング力

2. TOEIC力(TOEIC特有の問題の解き方)


もちろん、大学受験レベルの単語帳は覚えている前提です!


先ほど述べた通りTOEICは単語のレベルが高いテストではないのです。

その代わりリスニングリーディングで高い英語力を求められますし、

さらにTOEIC特有の問題の解き方(いわゆるTOEIC力も鍛える必要があります!

リスニングなら先読みの技術も必要ですし、

リーディングならパート5の文法の細かい知識やパート7を時間内に正確に解く力も必要になってきます!

特にTOEICで高得点を取りたいならかなり高いリーディング・リスニング力が求められますね!


👇リーディングやリスニングの勉強方法についてより詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください!

スポンサーリンク

TOEIC700点を超えるのにオススメの単語帳【4選】

次にTOEIC700点を超えるためにオススメの参考書を4つ厳選して紹介していきます!

単語帳単語数熟語イラスト価格
ターゲット19001900語××1210円
システム英単語2202語××1100円
鉄壁2146語2310円
TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ1000語××979円

TOEIC700点に必要な単語は大学受験レベルの単語なので、

大学受験レベルの単語帳を中心的に紹介していきます!

大学受験レベルの単語帳が完璧な方はどんどん問題演習をしましょう!


ターゲット1900

>>試し読みする

定価 1210円
収録単語数1900語
オススメ度
おすすめする人・全てのTOEIC対策をしたい人
・大学入試レベルの英単語を復習したい人
ターゲット1900のメリットターゲット1900のデメリット
・TOEICに出てくる単語のほとんどを覚えられる
・一語一義なので覚えやすい
・例文もついている
・イラストがないので単調
・中学レベルの超基礎的な単語が掲載されていない

TOEIC700点取得のためにオススメの単語帳1冊目はターゲット1900です!

ターゲット1900は大学受験用の単語帳ですが、英検準1級早慶難関国立大学までカバーしている単語帳です!

もちろんTOEICに出てくる単語のほとんどをこの単語帳でカバーできます!


ターゲット1900のメリットは一語一義(※1つの単語に1つの意味)で単語が掲載されているので単語を効率的に覚えやすい点です!

1つの単語に対策複数の意味を覚えようとすると、なかなか覚えられないです!

👆こんな感じのデザインになっています!

一応、派生語も載っていますが赤字になっている意味は1つだけです!

デザイン的にはシンプルで私は好きですが、ちょっと単調だなと感じる方もいるかもしませんね!

それ以外のターゲット1900のデメリットとしては中学レベルの超基礎的な単語が掲載されていない点があります。

ですが、TOEICを勉強している時点で中学レベルの単語はすでに覚えているはずなので大丈夫でしょう!

システム英単語

>>試し読みする

定価1100円
収録単語数2202語
オススメ度
おすすめする人大学入試レベルの英単語をまだ覚えていない人
システム英単語のメリットシステム英単語のデメリット
・TOEICに出てくる単語のほとんどを覚えられる
・2~5語程度の短い例文もついていて覚えやすい
・無料音声ダウンロード付き
・イラストがないので単調

次に紹介するのはシステム英単語です!

これもターゲット1900と並んで大学受験の鉄板の単語帳ですね!


このシステム英単語もめちゃくちゃTOEIC対策に使えます!

大学受験に頻出の単語を網羅的に収録しているのでTOEIC対策にはうってつけですね!

TOEICに出てくる単語の9割以上は大学受験までの単語です!


ちなみにシステム英単語は2202語と、ターゲット1900よりもたくさんの単語を収録しています。

ただ、どちらもレベル的にはそこまで変わらないのでどちらを使っても大丈夫ですね!

次にシステム英単語のデメリットについて紹介すると、この単語帳には図や絵がない点ですね。

まあでも、大体の単語帳に絵はないので問題ないでしょう!

中身がどうなっているのか実際に見た方がわかりやすいと思うので見ていきましょう!


👆こんな感じになっていて、ターゲット1900と比べるとかなりいろんな情報が載っているのがわかりますね!

👆特にシステム英単語を使っている人が気に入っていたのがこちらのミニマルフレーズというものです!

2~5語ほどで構成された例文なのですが、これを覚えることにより単語の使い方がイメージできます!

例文で単語を覚えたい人にはシステム英単語が合っていますね!


鉄緑会東大英単語熟語【鉄壁】

>>試し読みする

定価2310円
収録単語数2146語(単語+熟語)
オススメ度
おすすめする人 ・大学入試レベルの英単語をまだ覚えていない人
・熟語も一緒に覚えてい人
・イラスト付きで単語を覚えたい人
鉄壁のメリット鉄壁のデメリット
・TOEICに出てくる単語のほとんどを覚えられる
・イラストがついていて覚えやすい
・熟語もついでに覚えることができる
・少し値段が高い

次に紹介する単語帳は、東大英単語【鉄壁】です!

ぶっちゃけ一番オススメの単語帳です!


『東大』と書いてあるので難しい単語ばかりが収録されていると思われがちですが、

難易度的に言えば、ターゲット1900システム英単語と変わらないですね!

収録語数は単語と熟語合わせて2146語なので、ターゲットより多くシステム英単語より少ないといった感じですね!

東大英単語【鉄壁】のデメリットから言っておくと、単純に値段が高い点です!

2310円するので他に紹介他単語帳と比べると大体2倍します!


次に東大英単語【鉄壁】のメリットは『熟語も一緒に覚えられる』『イラストで覚えられる』の2点ですね!

なかなかイラスト付きの単語帳ってないんですよね!


👆こんな感じで大体の単語に画像がついています!

また、類義語ごとにまとめられているので似た意味の単語をまとめて覚えられるのも良いですね!

各章の最後には確認テストもあります!


TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ

>>試し読みする

定価979円
収録単語数1000語
オススメ度
おすすめする人 ・問題演習の時間があまり取れない人
・よりTOEICに集中して対策したい人
・TOEIC専用の単語帳で単語を覚えたい人
金のフレーズのメリット金のフレーズのデメリット
・TOEIC特有の単語と大学受験までの基礎的な単語を同時に覚えられる
・979円と1000円を下回る安さ
・これ1冊で900点台まで狙える
・日本語→英語の記載になっている
・大学受験レベルの単語を復習するには少し数が足りない

最後に紹介するのは出る単特急 金のフレーズです!

「さんざん大学受験レベルの単語帳だけでいいっていたのにどうして金フレを紹介するの?」

と思った方もいるかもしれません。

確かにその通りで大学受験レベルの単語帳だけでTOEIC対策は十分です。

ただ、以下の条件に当てはまる方は金のフレーズを使ったほうがTOEICの点数を効率的に上げているのではないかと思い紹介することにしました!

金のフレーズがオススメな人

1. 大学受験までの単語はある程度覚えている

2. 問題演習をする時間が少ない


以上の2つ両方に当てはまる方がいれば金のフレーズを使って勉強した方が効率的にTOEICの点数を上げていくことができます!

先ほど『大学受験レベルの単語帳だけで十分』と言ったのは、

問題演習をしまくる中でTOEIC頻出の単語を覚えるからでした。

しかし、忙しい方は問題演習の時間をそこまで確保できない可能性があるので、

TOEIC頻出の単語を問題演習だけで覚えられない可能性があります。

その点、金のフレーズはTOEIC頻出の単語をまとめて1000語収録しているのでこれを覚えれば

TOEIC頻出の単語をまとめて覚えることができます!

さらに大学受験レベルの単語も含まれているので復習にもなります!


TOEIC頻出の単語を先に覚えた方が問題も解きやすいですし、

復習する際にも知らない単語が少ないので負担が少なくて済みます!

忙しい方は先に金のフレーズを集中して覚えてしまってその後、問題演習をした方が効率的にTOEICの点数を上げていけるかもしれませんね!


👇ちなみに中身は今感じになっています!

金のフレーズも使ってTOEICの点数をどんどん上げちゃいましょう!

まとめると、機械的に単語を覚えたい方はターゲット1900

例文を使って覚えたい方はシステム英単語

イラストを使って熟語も一緒に覚えたい方には鉄緑会東大英単語熟語【鉄壁】

大学受験レベルの単語を完璧にしており、忙しい方は出る単特急 金のフレーズがオススメですね!

スポンサーリンク

TOEIC700点を超えるのための単語暗記法

次に最短でTOEIC700点を取るためにオススメの単語暗記法について紹介していきます!

単語の覚え方は基礎的な単語TOEIC頻出の単語で覚え方が変わってくるので、

それぞれに分けて紹介していきます!

大学受験レベル(基礎)単語の覚え方

大学受験レベルのオススメの単語帳

TOEIC700点を目指している方だと思うので、大学受験レベルの単語はある程度覚えていると思います。

ですが、一応ここでも単語の覚え方について紹介していきます!

まずは先ほど紹介した単語のうちのどれかか、ご自身が大学受験の時に使っていた単語帳を完璧にしましょう!

すでに大学受験レベルの単語帳を完璧にしている方はここをスキップしもらって構いません!


大学受験レベルの単語は単語帳を使ってまとめて覚えてください!

単語帳を使った覚え方は個人個人に合ったやり方があると思います。

なので、単語帳を使って大学受験レベルの基礎的な単語は集中してくサクッと覚えちゃいましょう!

👇効率的にTOEICの単語を覚えたいという方はこちらの記事をチェックしてみてください!

TOEIC頻出の単語の覚え方

次にTOEIC頻出の単語の覚え方について紹介していきます!

先ほどから言っている通りTOEIC頻出の単語は単語帳を使って覚えなくて大丈夫です!

TOEICに単語対策が必要ない理由

1. TOEICは単語が難しいテストではない

2. TOEIC特有の単語は問題演習を通して覚えられる

👆一応理由についてはもう一度貼っておきます!

そこで、単語帳を使わないでどのようにTOEIC頻出の単語を覚えていくのかについて紹介していきます!

結論から述べると

『問題演習をしながらわからない単語に印をつけておいてその単語を答え合わせをする時に確認する』

だけです!

これをひたすら繰り返すだけでTOEIC頻出の単語は覚えることができます!

言葉で説明してもイメージしにくいと思うので、より詳しく見ていきましょう!


TOEIC頻出の単語の覚え方

1. 問題を解いてわからない単語に印をつけておく

2. 復習する際にわからなかったか単語を調べる


まず最初にふつうに公式問題集などを使って問題を解きながら、自分が知らない単語には印をつけておきます!

👇わからない単語・熟語・文章には『下線』を引いています!


これらの単語については答え合わせをする際に解説に単語の意味が書いてあるので、それらを見ながら意味を確認します。

👇こんな感じのやつです!


TOEIC頻出の単語は大体解説に載っているんですけど、たまに載っていない時があるのでそうゆうときは自分でネットや辞書で調べます!

「これだけで覚えられるの?」

と思った方もいるかもしれません。

大丈夫です!覚えられます!


先ほども詳しく解説したのでここでは軽く説明します。

TOEIC頻出の単語は数・種類が少ないので問題演習をしていくと何回も出会うことができます!

よって問題演習をたくさんすれば自然にTOEIC頻出の単語は覚えられます!

なので、この方法をひたすら繰り返しましょう!

ただし演習時間をあまり確保できない方は金のフレーズを使って最初にまとめて覚えちゃうのもアリです!

スポンサーリンク

TOEIC700点を超えるためのオススメの参考書【5選】

次にTOEICで700点を超えるためにオススメの教材を厳選して5つ紹介していきます!

オススメ教材

1. 700点超えにオススメ【3選】

2. TOEICの点数を爆伸びさせる裏技【2選】

今回紹介した単語帳と一緒に使うと点数が爆伸び間違いなしです!


TOEIC700点超えにオススメ【3選】

公式TOEIC Listening & Reading 問題集

>>試し読みする

定価3300円
問題数模試2回分(400問)※リーディング200問・リスニング200問
オススメ度
おすすめする人 ・TOEICを勉強している全ての日本人
公式問題集のメリット公式問題集のデメリット
・TOEIC本番テストとほぼ同じレベルの問題を解くことができる
・何冊も出版されている
・一冊だけだと演習量的に足りない
・1冊3300円と高い

まず最初に紹介するのが、TOEIC公式問題集です!

「ん?当たり前すぎない?」

と思った方もいるかもしれませんがそれだけ大事なので紹介させていただきます!

私も800点まではTOEIC公式問題集を使い倒しました!


まず最初にTOEIC700点にするのに必要なたったひとつの勉強法について紹介します!

それは、『本番形式の問題を解きまくって徹底的に復習する』です。

すでに基礎ができている皆さんなら、あとは苦手な部分を問題演習を通じて潰していけばガンガン点数を上げることができます!


『本番形式の問題』を解くのにいちばん良いのがTOEIC公式問題集です!

他にもたくさんTOEIC用の参考書はあるんですけど、難しすぎたり、TOEICに出てこなさそうな問題だったりします。

なので、TOEIC公式問題集が1番オススメです!


TOEIC公式問題集はTOEICを作っている会社と同じETSが作っている参考書なので、

TOEIC本番に出てきそうな単語や問題ばかりが収録されています!

また、TOEIC公式問題集vol.1~10まで収録されており、1冊に2回分の模試が入っています!

全て買ったら20回分の模試を解くことができます!


ただ、TOEIC公式問題集1冊3300円と高いので、

コスパよくTOEICの模試を解きまくりたい方は、次に紹介するスタディサプリ TOEIC対策コースの方がオススメですね!

20回分の模試月額2728円~から解き放題なのでめちゃくちゃオススメです!

私も最近は模試を解きまくるためだけに、スタサプを使っています!


スタディサプリ TOEIC対策コース

>>スタディサプリ無料体験

月額2728円~
問題数20回分の模擬試験(全4,000問)+さまざまな機能
オススメ度
おすすめする人 ・TOEICをスマホや端末で勉強したい人
・模試を解きまくりたい人
スタサプのメリットスタサプのデメリット
・20回分の模擬試験(全4,000問)の問題を解ける
・月額2728円~と公式問題集1冊よりやすい
・テキストで勉強したい場合別途料金が発生する

先ほど紹介したTOEIC公式問題集よりコスパよく模試を解きまくることができるのがスタディサプリのTOEIC対策コースです!

スタサプなら公式問題集より安い価格(月額2728円~)でTOEIC本番形式の問題を20回分(全4,000問)解き放題です!

実践問題集機能を使えば本番形式の模試を20回解き放題です!


問題集価格問題数1問あたりの価格
スタディサプリのTOEIC対策コース2728円~4000問(200問×20)約1.46円/1問
TOEIC公式問題集(2回分(200問×2))約3300円400問(200問×2)約8.25円/1問

👆ちなみにこれがスタディサプリと公式問題集を比べた表です!

また、スタサプを使うと全てのTOEIC対策がスマホだけで完結するのもいいですね!

👆こんな感じで1問ごとにかなり詳しく解説してくれており、

さらにTOEIC頻出の単語は語注がついているのでいちいち辞書で単語を調べなくていいのも👍ですね!

また、スタサプのもう一ついいところとして1ヶ月だけの利用もできる点があります!

お得な12ヶ月パックお得な6ヶ月パック1ヶ月だけ
2728円(税込)/1ヶ月当たり3058円(税込)/1ヶ月当たり3278円(税込)/1ヶ月当たり
32736円(税込)/12ヶ月当たり18348円(税込)/6ヶ月当たり

私のオススメはTOEIC直前の1ヶ月だけ契約して模試を解きまくることです!


ちなみにスタディサプリにはベーシックプランとパーソナルコーチプランがあるんですけど、

コーチング以外全ての機能が備わっていますし、安いのでベーシックプランで十分です!

今なら、スタディサプリ無料体験(7日間)を実施しているので一度試してみてください!


1駅1題! TOEIC TEST 文法特急

>>試し読みする

定価935円
問題数153問
オススメ度
おすすめする人 ・パート5に特化した対策をしたい人
文法特急のメリット文法特急のデメリット
・パート5を集中的に対策できる
・各問題に目標タイム記載されている
・小さいから持ち運びやすい
・かなり詳しく解説が書いてある
・問題数が少ない

次に紹介するのはパート5の文法問題に特化した参考書です!

それはTOEIC文法特急です!

これも有名な参考書なので聞いたことある人も多いかもしれませんね!


「なんでパート5の参考書?他のパートは?」

と思った方もいるかと思うのでまずはパート5の重要性について紹介していきます!

パート5対策の重要性

1. パート5を得点源にできる

2. パート7に時間を残すことができる

パート5の実力を上げることによってパート5だけでなくリーディングパート全体の点数を底上げすることができます!

なぜならパート5対策をすることによって単純にパート5の点数が上がるだけでなく、

パート5を早く正確に解けるようになるので、パート7を時間に余裕を持って取り組むことができます!

私もパート5の対策をするようになってから900点台になりました!


また、パート5は対策したらすぐに点数に直結しやすいです!

そこで役に立つのがこのTOEIC文法特急です!

TOEIC文法特急は初級者から上級者までが間違いやすいパート5の問題がたくさん収録されているので、

これ一冊やるだけでもかなりパート5の実力が上がります!

ただ、この参考書は1冊に153問しか収録されていないため、これだけだと演習量不足です!

なので、先ほど紹介したTOEIC公式問題集スタサプTOEICなどの模試形式の問題も

並行して解くことでTOEICの点数をガンガン上げることができます!

TOEIC文法特急を使ってTOEIC700点を達成しちゃいましょう!


TOEICの点数を爆伸びさせる裏技【2選】

次に私のTOEICを爆伸びさせてくれた教材を紹介していきます!

この2つは机に座って勉強するより楽しいし、英語力自体も爆上がりします!


オンライン英会話(DMM英会話)

>>DMM英会話 無料体験(2回分)

定価月額5450円~
オススメ度
おすすめする人 ・たのしみながらTOEICの点数を上げたい人
・英語力自体を上げたい人
DMM英会話のメリットDMM英会話のデメリット
・楽しみながら英語力を上げることができる
・オンライン英会話に慣れるとTOEICがゆっくりに聞こえる
・強制的に英語を話す環境を作れる
・英語初心者には向いていない。
・お金を払わないといけない

まず最初に紹介するTOEICの点数を爆上げする裏技はオンライン英会話です!

ちなみにオンライン英会話は色々合ってどれがいいのかわからないと思いますが、

24時間365日受けられて他のオンライン英会話よりも安いので、とりあえずDMM英会話を使っておけばオッケーです!

私も色々使ってみましたが最終的にDMM英会話を使っています!


それでは次にオンライン英会話のメリットについてみていきましょう!

オンライン英会話のメリット

1. 英語を話すことによりアウトプットもできるので英語力が爆伸びする

2. 実際の英会話に慣れるとTOEICがゆっくりに聞こえる

この2つがオンライン英会話の主なメリットですね!

まず、人間の能力が一番上がるのはインプットしている時ではなくアウトプットをしているときです!

その点、オンライン英会話は会話を通じてアウトプットをしないといけないのでめちゃくちゃ英語力が伸びます。

私も、もともとTOEIC400点台だったのですが英語で独り言DMM英会話をしまくることで

次にTOEICを受けた時に一気に735点まで上げることができました!

なんでかわからないんですけど、アウトプットすると英語力って上がるんですよね!


ちなみに英語での独り言は無料でどこでもできるのでみなさん今日から暇な時間にやりましょう!

また、もう一つのオンライン英会話のメリットお金を払ってるので毎日強制的に英語を話す環境を作れる点です!

独り言だけだとどうしてもサボっちゃうのですが、オンライン英会話だと毎日1レッスン受けないと損になっちゃうので、

強制的に毎日英語を話す環境を作ることができます!

私のような意志力の弱い人にはうってつけのサービスです!


その後も英語で独り言DMM英会話で英会話、問題を解きまくって復習を繰り返していたら最終的にTOEIC900点台まで伸ばすことができました!

また、それに加えてオンライン英会話の英会話はTOEICの音声より速いです。

なので、オンライン英会話に慣れるとTOEICの音声がかなりゆっくりに聞こえるようになると思います!

リーディング・リスニングのようなインプット型の勉強と

スピーキングのようなアウトプット型の勉強を組み合わせることで、

英語力を相乗的に爆上げすることができます!

今なら、DMM英会話 無料体験(2回分)を実施しているのでぜひ一度試して見てください!


海外ドラマ(Netflix)

>>Netflixで海外ドラマを見る

定価月額790円~
オススメ度
おすすめする人 ・たのしみながらTOEICの点数を上げたい人
・大学受験までの英単語・英文法は終えている人
NetflixのメリットNetflixのデメリット
・楽しみながらTOEIC対策できる
・海外ドラマに慣れるとTOEICがゆっくりに聞こえる
・英語初心者には向いていない。
・ただ見るだけじゃダメ

次に紹介するTOEICの点数を爆上げする裏技はNetflixで海外ドラマを見る』です!

ちなみにいろんな動画配信サービスがありますが、Netflix一択です!

なんでNetflix一択なのか?どう言ったメリットがあるのか?深掘りしていきます!


Netflixのメリット

1 Language Reactor(無料)が使える

2 海外ドラマに慣れるとTOEICがゆっくりに聞こえる

3 楽しいから続けられる

まずNetflixの1番のメリットはLanguage ReactorというChromeの拡張機能を使える点です!

Language Reactorを使えばNetflixが最強の英語学習ツールになります!


「Language Reactorって何?」

という方もいると思うので実際の画像を使って紹介していきます!

👆Language Reactorを使ってNetflixの画面を開くとこんな感じの画面になります!

そのドラマの全てのスクリプトと日本語・英語同時字幕を見ることができます!


また、わからない単語をクリックするとすぐに意味を調べられます!

いちいち辞書で調べなくていいので便利ですね!


また、『A』で前のセリフに戻る『S』で表示されているセリフをリピート『D』で次のセリフに進む機能もついています!

私は特にSを使って聞き取れなかったセリフを何回も聞き直したりしますね!


また、海外ドラマの会話スピードに慣れるとTOEICの音声がかなりゆっくりに聞こえるようになります!

さらにさらに海外ドラマは先が気になるように作られているので楽しみながら英語学習をすることができます!

というわけで次に具体的な海外ドラマを使った勉強方法について紹介していきます!

海外ドラマ学習法

0 海外ドラマを選ぶ

1 英語音声・日本語字幕で楽しむ

2 日本語・英語同時字幕で見てわからない表現を調べる

3 次の話に進む

※できれば、この作業を一つのドラマでひたすら繰り返す

まずどの海外ドラマを観るか決めてもらうんですけど、以下の2つの条件のどちらかに当てはまっているものを選びましょう!

海外ドラマを選ぶ基準

・日常系のドラマ

・自分がめちゃくちゃ好きなドラマ

できれば日常系の方が英語の勉強という観点では良いですが、自分が好きなドラマの方が絶対続けることができるので、

自分のが好きなドラマがあるという方はそのドラマを使って勉強するようにしましょう!

自分が好きな映画でも構いません!


そして海外ドラマが決まったら、まずは1回目日本語字幕・英語音声で楽しみます。

この時できれば日本語字幕を瞬時に理解して英語の音声で何を言っているのか聞き取れるかチャレンジしてみましょう!


そして、2回目Language Reactorを使って日本語・英語同時字幕にしてもう一回その話を見ます。

そして2回目に英語字幕の中に出てきたわからない表現を自分のできる範囲で調べるようにしましょう!

あんまり調べすぎても面白くなくなってしまいます!


また、日本語字幕はなるべく見ないでください!

日本語字幕を出しておくのは、英語字幕を見て意味を理解できなかった時に意味を理解するのを手助けするツールとして利用するためです!

あくまで補助輪です!


最初の方は全て音声が雑音にしか聞こえないかもしれませんが、

2周目には字幕を見ればなんて言っているか瞬時にわかるようになってきます!

ここまでくるとTOEICの音声が以前とは違う聞こえ方になっているでしょう!


また、全てのシーズンを一通り見終わって2周目以降は『日本語字幕で楽しむ』はスキップしちゃいましょう!

「同じドラマを何回も周回したくないよ」という方は同じドラマじゃなくても大丈夫です!

ぶっちゃけ何を何回見るより毎日見るのが重要です!

私は大体3ヶ月毎日3時間ほど見ていたら英語力の上昇を感じるようになりました!

ただ、まだ新しいドラマを字幕なしで見れるレベルにないので頑張りたいと思います!


ただ、先ほども言いましたがいちばん大切なのは毎日続けることです!

なので、自分のできる範囲でできるだけ毎日海外ドラマを観るようにしましょう!

スポンサーリンク

まとめ

というわけで今回はTOEIC700点に必要な単語数オススメの単語帳について紹介していきました!

TOEIC700点に必要な単語数は約5000語(大学受験レベル)なので、大学受験用の単語帳で十分対策可能です!


また、大学受験レベルの単語を覚えたらTOEIC公式問題集スタサプTOEICを使って

ガンガン問題演習をした方が効率的にTOEICの点数を上げることができます!

単語を覚えるのは地味な作業で私も一番嫌いな作業ですが、単語暗記はやれば英語力に直結するので頑張っていきましょう!


今回の記事が少しでも皆さんの役に立てば嬉しいです!

最後まで読んでくださってありがとうございます!

それはまたっ!!

タイトルとURLをコピーしました