TOEIC600点必要な勉強方法・勉強時間、レベル・難易度について徹底解説!

TOEIC600点

TOEIC600点を目標にしている人「とりあえず600点を目標にしてみたけど、TOEICの対策って何をしたらいいんだろう?」

今回はこう言った疑問に答えていこうと思います!

TOEICで600点を取ると、履歴書にも書けますよね!サクッとゲットしちゃいましょう!


この記事でわかること

・TOEICで600点台をとる勉強法

・TOEICで600点台をとるまでの勉強時間

・TOEICで600点台のレベル

・TOEICで600点台を取るためにオススメの参考書

✔︎ この記事の信頼性
私は最初TOEICを受けた時はTOEIC440点しか取れませんでしたが、独学で900点までTOEICの点数を伸ばすことができました。

👇TOEICで600点をとるための参考書について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

スポンサーリンク

TOEIC600点の英語レベル・難易度

まず初めにTOEICで600点のレベルについて紹介していこうと思います!

TOEIC600点のレベル(公式の見解)

TOEIC600点のレベルについては詳しくTOEIC公式サイトに書いてありますが、

わかりやすくまとめると

TOEIC600点のレベル

・簡単な文章なら理解できる

・難解な単語や文法には苦戦する


IELTS、TOEFL、英検との比較

またTOEFLや英検、IELTSと比較してみると

IELTSTOEFL iBTTOEIC英検
6.0 – 6.570 – 100800 – 950準1級or1級
5.5 – 6.050 – 70600 – 8002級or準1級

※私や友達の体験とネットの情報から表を作りました

この表を見てみると、TOEICで600点を取るのは英検2級IELTS5.0TOEFL50点程度だということがわかります。

TOEIC600点は軽視されがちですが、他のテストと比べると意外と難しいですね!


CEFRによる指標

また、CEFRという英語運用能力を比較するための国際的指標によると、

TOEIC600点のレベルはB1レベルに相当するそうです!

引用元:TOEIC® Program各テストスコアとCEFRとの対照表

👇CEFRによるレベル分けは以下のようになっています!

CEFR レベル評価説明
A1初級基本的な日常会話ができる。
A2初級簡単な会話と基本的なコミュニケーションができる。
B1中級一般的なコミュニケーションができ、日常生活で問題なくコミュニケーションできる。
B2中級高度な会話やビジネスコミュニケーションができる。
C1上級高度なコミュニケーションや専門的なスキルがある。
C2上級ネイティブスピーカーと同等の高度なスキルを持っている。

B1レベルだと一般的なコミュニケーションができ、日常生活で問題なくコミュニケーションできる

レベルなので、かなり高いレベルだと公式だと言われています!

得点分布

また得点分布を見てみると595点以上の割合が上位53.6パーセントなので

ちょうど全受験者の真ん中あたりということになりますね!

600点以上を獲得すればTOEIC中級者の仲間入りですね!


引用元:TOEIC Program DAA2023(和文)2023年8月版

TOEIC600点のレベル(私の見解)

公式の見解と私の見解と少し違ったので、

私の見解についても紹介したいと思います!

・600点はすぐに簡単に取れる

・読み書きに関してもかなり精度が低い


TOEIC600点をとる難易度

大学入試までの英語を一通り勉強している人であれば、

TOEICで600点をとるのはかなり簡単です。

英語がある程度得意な受験生であれば、何の対策もしないで600点は取れちゃいます!


私は初めて受けた時にTOEICで400点台でした。

しかし、その後大学受験の時に使っていたターゲット1900をもう一度ちゃんと復習し、

何冊かの公式問題集を使って勉強していたら、その2ヶ月後には735点をとることができ、

多分TOEICの勉強をして1ヶ月後には600点は越していましたね!


さらに、その1ヶ月後には800点をとることができました!

後で詳しく勉強法については解説しますが、1日3時間ほどTOEICの勉強をしていました!

大学受験までの英語力があれば、かなり簡単に600点は取れますよ!


TOEIC600点の英語力

TOEIC公式によるとTOEIC600点保持者の英語力に関して

『一般的なコミュニケーションができ、日常生活で問題なくコミュニケーションできる。』

と示していますが、全くそんなことないです!

TOEICはリスニングとリーディングしかないですし、

TOEICのリスニングはかなりはっきりゆっくり喋ってくれているので、

TOEICで600点を取れていてもネイティブとの英会話や海外ドラマなどは

ほとんどできないです!

しかし、TOEIC600点は履歴書に書ける最低ラインですし、

TOEICで600点取れるということは700点まではもう少しなので、

まずは600点を狙ってみるというのはアリですね!


スポンサーリンク

TOEIC600点のメリット

TOEIC600点のメリット

・履歴書にTOEICの点数を書ける

・TOEIC700点、800点も視野に入ってくる

・応募できる企業、職種が増える


TOEICで600点を獲得すると、履歴書に書くことが出来たり、

応募できる企業、職種が増えるというメリットもあります。

しかし、それ以上にこれからTOEICで700点、800点が射程圏内に入ってくるのが大きいです!

というのもTOEICで全くの英語初心者の状態から600点に持っていくのは大変ですが、

600点から700点、800点へと持っていくのはそこまで難しいことではないからです!

TOEIC600点を取れているということは英語の基礎がしっかりしているということです!


このまま履歴書に書いてもいいのですが、

私的にはこれから700、800、900点とステップアップいってして欲しいです!


600点取れるなら絶対もっと高い点数を取れるはずです!

あとは、英語の基礎ができているのであればあとは何点であろうと勉強法は変わりません!

今回紹介する勉強法を続けていけば、700点、800点とどんどん点数が上がっていきます!

・今回紹介する方法
・自分の弱いパート別対策
・単語を覚える

の以上の3つをやれば、TOEICで800点以上も取れるので、

ぜひ今回紹介する勉強法を参考にしてみてください!

スポンサーリンク

TOEIC600点を取るのに必要な正答率

次にTOEICで600点を取るための正答率について紹介していきたいと思います!

TOEICはリスニング(約45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)、

合計約2時間で200問に答えるマークシート式のテストです。

TOEICの一問あたりの正確な点数はその時の難易度によって多少変動しますが、

基本的に1問5点です!

TOEIC公式問題集の換算表によるとTOEIC600点は約60%の正答率で達成できます。

60%ということは約120問正答すれば達成できます。

👇オススメのTOEICで600点を取る点数配分を載せておきます!

リスニングリーディング合計
300/495点(60/100問正解, 60%)300/495点(60/100問正解, 60%)600/990点(120/200問正解, 60%)
350/495点(70/100問正解, 70%)250/495点(50/100問正解, 50%)600/990点(120/200問正解, 60%)

これはリスニングとリーディング両方を合わせた点数なので、

リーディングで60問(約300点)、リスニングで60問(約300点)

というように50%づつでなくても、

リーディングで50問(約250点)、リスニングで70問(約350点)

のように、自分の得意な方で得点を稼ぐということもできます!

TOEICは基本的にリスニングの方が簡単なので、リスニングの方で得点を稼ぐのもアリですね!


スポンサーリンク

TOEIC600点を取るための勉強時間

TOEIC600点を取るための勉強時間

・1日2~3時間勉強して1ヶ月以内

※大学入試までの英文法・単語を一通り終わらせている場合


ぶっちゃけ現在の英語力にもよりますが、

・大学入試までの単語を一度しっかり覚えた

・文法を忘れていても解説を読めばほぼ思い出せる


この二つをクリアしてさえいれば、1ヶ月以内TOEIC600点を獲得することはできます!

大学入試直後のMARCHレベルの受験生であれば何も対策しないでTOEICで600点は取れるでしょう!


逆にほぼ大学入試までの英文法・単語がほぼわからない人はこれ以上かかります!

私は英語完全初心者ではないので、完全初心者向けの記事を書けないので、

👇完全初心者の方はこちらの動画を参考にしてみてください!

ちゃんと大学入試までに英語の勉強をしてさえいれば、TOEIC600点は簡単です!


ぶっちゃけ、あとはテストを受ければTOEIC600点取れちゃいます!

とはいえ、これから700点、800点と点数を高めていきたい人もいると思いますし、

今回紹介する勉強法は何点台の人であろうと参考になるので、紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

TOEIC600点を取るための単語勉強法

結論

大学入試の時に使っていた単語帳の復習

👇ちなみにより詳しいTOEICの単語帳の選び方や単語学習法についてはこちらの記事で紹介しています!

『TOEIC専用の単語帳は必要じゃないの?』と思った方もいるかもしれませんが、

まず単語に関してなんですけど、TOEIC専用の単語帳はいらないです。

なぜTOEIC専用の単語帳が必要ないかというと

TOEIC専用の単語帳がいらない理由

・TOEICに出てくる単語のほとんどは大学入試までに覚えた単語

・TOEIC特有の単語は種類が少なく、何回も出てくるので問題を解いているうちに覚える


私がTOEICで900点取った時もTOEIC用の単語帳は使っていませんでした!


これらの理由から、TOEIC専用の単語帳を新しく覚えなくていいということになります!

TOEICに出てくる単語の9割以上は大学入試の時に覚えた単語です!


もし現在の時点で大学入試までの単語をほぼ完璧に覚えているのであれば、すぐにTOEIC600点を取ることはできます!

さらにTOEICで600点を取る確率を確実にするために、公式問題集などを使って問題を解きまくりましょう!

また、まだ大学入試までの単語を覚えていないという人、

忘れちゃったという方は新しく買ってでも覚える価値があるので、

新しく買ってサクッと覚えなおしちゃいましょう!

私はターゲット1900を使っていました!皆さんは何を使っていましたか?


👇王道の大学入試用の英単語帳を貼っておきました!

また、大学入試までの単語は完璧にして、TOEICの問題形式にも慣れてきて、

もう少し単語力が欲しいという方は、金のフレーズ なんかは、やっておいても損はないですね!

スポンサーリンク

TOEIC600点を取るためのリーディング勉強法

結論

毎日TOEICの問題を解いて、わからない文法・単語がなくなるまで復習する

👇ちなみにより詳しいTOEICのリーディングの参考書の選び方や勉強法についてはこちらの記事で紹介しています!

毎日TOEICの問題を解いて復習をしていれば、確実にTOEIC600点を達成することが出来ます!

これだけだと抽象的すぎて分かりずらいと思うので、詳しく解説していきます!

まずはTOEICでリーディングセクションの一回に解く量を分割して解いてください

例えば、私が400点台で復習する内容が多かった頃はパート5, パート6, パート7は3分割というような感じで、5回に分けて勉強していました。


何で分割するかというと、一気に100問解いて、その100問を復習すると、

一気に100問全てを復習しないといけないので、復習がおざなりになってしまうからです!

とくにTOEIC初学者のうちは復習するところがたくさんあるので、復習にかなり時間がかかります!


英語の実力が一番上がるのは復習している時です!

問題を分割することで、その分割した分が終わったら、その分だけ復習すればいいので、集中して復習することが出来ます!

なので、逆にいうと集中して徹底的にちゃんと復習できるのであれば、一気に100問解いても大丈夫です!

とにかく、復習を徹底的にちゃんと、完璧にしてください!

この方法じゃなくてもいいので、とにかく復習する時に集中してできるようにしましょう!


そして、復習する時のポイントは

復習する時のポイント

1. わからなかった文法を全てわかるようにする

2. わからなかった単語を全て調べる


この2点だけです!

この2点だけの代わりに少しでもわからない文法、単語は全て調べましょう!

問題を解いている時にわからない文法・単語には鉛筆で印をつけておくと後で復習する時に復習しやすくなります!

わからない単語・文章には下線をひいて、自身のない問題には「?」をつけてます!


引用元:TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング
引用元:公式TOEIC Listening & Reading 問題集 10

また、解説を見ても理解しきれなかった文法に関しては、自分が使っている文法書やインターネットで調べてわからないところをなくしておきましょう!

例えば「分詞構文 訳し方」とかで調べたらいっぱい検索結果が出てくるので、その記事を読めば理解できます!

また、最近だとChatGPTを使えば詳しく文法を解説してくれるので、ChatGPTにわからない文法を聞いてみるのアリです!

👇こんな感じで教えてくれます!

ただ、ChatGPTだと少し性能が低いように感じたので、Bardの方がオススメです!


これをひたすら繰り返すだけでどんどん点数が上がっていきます!

私は、これと単語を覚える以外何もやっていないです!


また、TOEICのリーディングに関してなんですけど、全部時間何時切らなくても大丈夫です。

私は800点超えててから全部を解き終われるようになりました!


スポンサーリンク

TOEIC600点を取るためのリスニング勉強法

結論

毎日TOEICの問題を解いて、わからない文法・単語がなくなるまで復習する

👇ちなみにより詳しいTOEICのリスニングの参考書の選び方や勉強法についてはこちらの記事で紹介しています!

リスニングの勉強法はリーディングとほぼ同じです!

リスニングのパートもリーディングパート同様一気に100問解くのではなく、分割して解いて集中して復習することをオススメします!

リーディング同様、TOEIC初学者のうちは復習するところがたくさんあるので、復習にかなり時間がかかります!


リスニングを復習する時のポイント

1. わからなかった文法を全てわかるようにする

2. わからなかった単語を全て調べる

3. もう一度わからなかった音声をスクリプトを見ながらもう一回聞く


これだけで十分です!

リスニングもリーディング同様、わからなかった単語や文法には、後で復習できるように、鉛筆で印をつけておきましょう!

そして、それらの単語・文法はしっかりリーディング同様、ネットやChatGPT, Bardを使って調べて、理解できるようにしておきましょう!

リーディングとの違いは、『わからなかった音声はスクリプトを見ながらもう一回聞く』です!

わからない音はいつまで経ってもわからないので、自分が聞こえた音と実際の音のギャップを埋める必要があるので、

問題を解き終わったら、実際の音はどんな音なのかスクリプトを見ながら音声を聞きましょう!

ちゃんと復習しているとだんだん聞こえるようになってきます!


また、単語に関してもTOEIC特有の単語はリーディング同様、リスニングでも何回も出てきます!

なので、何回も問題を解いていればTOEIC特有の単語は自然と覚えることが出来ます!

スポンサーリンク

TOEIC600点を取るためのオススメの参考書

次にTOEICで600点を取るためにオススメの参考書を3つ紹介していきます!

公式問題集or精選模試

>>試し読みする

定価3300円
問題数模試2回分(400問)※リーディング200問・リスニング200問
オススメ度
おすすめする人 ・TOEICを勉強している全ての日本人
TOEIC公式問題集のメリットTOEIC公式問題集のデメリット
・本番の形式に一番近い問題集・1冊3300円と少し高い
・2回分の模試しか入っていない



>>試し読みする

定価1980円
問題数リスニングの模試2回分(400問)
オススメ度
おすすめする人 ・TOEIC本番より少し難しめの問題を解きたい人
・公式問題集より安い値段で問題を解きたい人

この上記の2つがおすすめです!

ちなみにTOEIC精選模試とは公式問題集のちょっと難しいバージョンです!

ちょっと難しいので、これらが難しいと感じる方は公式問題集を使った方がいいのです。

TOEIC精選模試は難易度がちょっと高いというところ以外公式問題集の上位互換です!

👇TOEIC精選模試の使い方を書いた記事を書いたのでぜひチェックしてみてください!

👇ちなみに公式問題集とTOEIC精選模試の違いはこんな感じになっています!

問題集価格問題数1問あたりの価格
TOEIC公式問題集(2回分(200問×2))約3300円400問(本番形式の模試(200問×2))約8.25円/1問
TOEIC精選模試【総合】(2回分(200問×2))約2000円400問(200問×2)約5円/1問

ただ、公式問題集もいいところがあり、難易度や形式が本番にかなり近いです!

スポンサーリンク

まとめ

というわけで今回はTOEIC600点を取るための勉強法やオススメの参考書について紹介していきました!

今回紹介した勉強法を続けていくだけで必ず、600点台はもちろん

その先の点数も同じ方法でとることができます!

また、現在の時点で600点以下の方でも、勉強を続けてさえいれば、600点を取ることは可能ですし、その先の点数もももちろん可能です!

もっと言えば、一度やめてしまっても、どこかで再開することさえできればいつかはTOEICで自分の目標とする点数に到達することができます!

お互いに頑張りましょう!💪


最後まで読んでくださってありがとうございます!

私も現在TOEICで900点を取れるように頑張って勉強しています!

一緒に頑張っていきましょう!!

👇TOEICで600点をとるための参考書について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました